読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなの絵本クラブ

大人目線で楽しむ絵本や児童書の記録。調布市・つつじヶ丘の古民家「もえぎ家」を拠点に、絵本を読み合い、語り合う会を開催しています。

今日のお月様はどんな顔? #5 月にまつわる絵本

開催レポート

お月様とお話ができたら…考えるだけでなんだかにやけてしまう。今日のお月様はどんな顔をしているんだろう? どんなことを考えているんだろう? そんな想像を膨らませてほっこりした第5回目の「おとなの絵本クラブ」。「月」にまつわる絵本を探してみたら、想像以上にたくさんの絵本がありました。 

f:id:otonanoehonclub:20170208114612j:plain

今回の参加者の中には、0歳児と1歳児の赤ちゃんも。赤ちゃんの様子をみんなで見守りながら進めるのも、あたたかく、豊かな時間でした。自己紹介をしたあとは、それぞれ持ち寄っていただいた絵本や、用意しておいた絵本の中から、気になった絵本を選んで朗読タイム。 

f:id:otonanoehonclub:20170208114559j:plain

風邪をひいて空に浮かんでいるのがつらくなってしまったお月様と、ひとりぼっちの青年との心温まる交流を描いた「かぜをひいたおつきさま」。読み終わった後に「あ〜よかったぁ」と声が漏れるほど、大人でも惹きつけられるストーリーとイラストが魅力的。月が登場する物語に、人が寂しがっている時に寄り添ってくれるお話が多いのは、夜の闇を照らしてくれる力強さがあるからなのでしょうか。

f:id:otonanoehonclub:20170208114606j:plain

空の上にいるお月様が、池にうつった自分の姿を見て、つきのぼうやに取りに行かせようとする「つきのぼうや」。つきのぼうやと一緒に、空から地上まで降りて冒険に出かけるような感覚を持たせてくれる、縦長の絵本の作りが印象的。日常生活でも、お月様に似たものを探したり、ちょっとした勘違いを、子どもと一緒になって楽しめたら面白いだろうなぁ。そんな風に、子育てのヒントを得られるのも、絵本の楽しみです。

f:id:otonanoehonclub:20170208114540j:plain

▲今回朗読した絵本たち

 

月は1ヶ月かけて形を変えていくから、毎日いろいろな表情を見るのは楽しい。いろいろな月の絵本を読んでいたら、今日のお月様はどんな様子だろうかと妄想するのが楽しくなってしまいました。「14ひきのおつきみ」に出てくるねずみ一家のように、木の上にやぐらを立てて月見台を作り、お団子を作って、1日かけて十五夜のお月見というイベントを楽しむなんて贅沢もしてみたい。

 

その他、月からやってきた「かぐやひめ」も話題に。かぐや姫はなぜ月に帰らなければならなかったのか、参加者の方が持ってきてくださった絵本を読んでみても分からず…。「かぐやひめ」をはじめ、昔話は色々なバージョンの絵本が発行されているので、色々読み解いてみたくなりました。昔話を読み解く会を企画しても面白そう。

 

月の絵本を読んだあとは、HARAMIRAIによる特製「ツキをあげるランチ」。節分の名残を感じる、福を招きそうな見た目に、参加者みなさんワクワク! みなさん真剣にレシピを聞かれていました。(この日のメニューは、もえぎ家のブログでご紹介しています)

f:id:otonanoehonclub:20170208114550j:plain

 

会の終了時には、
「大人相手に絵本を読んでもらえるって贅沢! もっとたくさん読んでほしかった…」「赤ちゃんを相手に、どんな絵本を選んだらいいのか分からない…」
なんて声も挙がりました。

 

私自身も、8歳の息子と3歳の娘がいますが、上の子が小さい時は、何を読んでいいのか全然分からず困った経験が。3月には3人目が生まれる予定なので、生まれて少し落ち着いたら、赤ちゃんも連れて、大人も赤ちゃんも楽しめるような企画もできたらいいな、なんて考えています。

 

 

「おとなの絵本クラブ#5 月にまつわる絵本」で読んだ絵本

  • 『かぜをひいたおつきさま』(レオニート・チシコフ作・絵 / 鴻野わか菜 訳 徳間書店
  • 『ながいよるのおつきさま』(シンシア・ライラント 作 マーク・シーゲル 絵 渡辺葉 訳 講談社
  • 『つきのぼうや』(イブ・スパング・オルセン 作・絵 / やまのうちきよこ 訳 福音館書店
  • 『 14ひきのおつきみ』(いわむらかずお 作 童心社
  • 『月おとこ』(トミー・ウンゲラー 作・絵 田村隆一 麻生久美 訳 評論社)
  • 『おつきさまこんばんは』(林明子 作 福音館書店

 

次回の「おとなの絵本クラブ」は3/14(火)10:00〜13:00@もえぎ家

次回も、絵本の世界を堪能した後にHARAMIRAIランチがいただけるコラボ企画! ホワイトデーなので、「おくりもの」とか「愛」とか「感謝」とか、そんなテーマで開催できたらと思っています。詳細が決まり次第お知らせします。(3月末に出産予定なので、開催日までに生まれてしまわないことを願いつつ……)

月の不思議な力を借りて……?

お知らせ

「あれっ? 月の欠けた部分もうっすら見えてるよ!
月のみちかけ屋さんが、布で光を隠してるのかな?」

 

「今日は満月だからお月見だね〜! お団子たべなきゃ〜!」
(えっとー……十五夜じゃないんだけどね……)

 

「あっ、ウサギがいた! 餅つきしてるよ〜!」

 

絵本を読んで数日経ってからも、絵本に出てきたシーンがこんなふうに子どもの口から出てくることがある。ああ、ちゃーんと心の中にあのシーンが刻まれていたんだと思うと、ふっと心が温まる。こんなことも、子どもと一緒に絵本を読む楽しみのひとつ。

 

絵本の楽しみ方は、人によってまちまち。他の人がどんな風に絵本を楽しんでいるのかを聞くのもまた楽しい。それをみんなで共有できるのが「おとなの絵本クラブ」です。

 

生活に密接したテーマだと、その楽しみ方をより深められそうだと今回設定したテーマは「月」。古くから日本人の暮らしと密接に関わっていたというだけに、月にまつわる絵本は本当にたくさん発行されているようです。

f:id:otonanoehonclub:20170206162237j:plain

(普段「月」の絵本とはあまり意識せずに読んでいたけれど…いざ図書館で探してみると、1枚の写真には入り切らないほどたくさん! )

 

 

あなたは、どんな月が好きですか?

まんまるい満月?

ほっそりわずかに見える三日月?

 

 

新月のお願い事をしますか?

お月様が綺麗に見えると、やりたくなることはありますか?

満月の夜に不思議な出来事があった、なんてことはありませんか?

   

 

寒い日は体が縮こまって、外に出るのも億劫になっちゃうけれど。

しんと澄んだ夜空に佇むお月様を見つけると、急に力が湧いてくるような気さえする。

 

ここ数日は、冬の澄んだ空気のおかげか、くっきりと見える三日月が綺麗で。

日中にうっすら月の影も見える日もある。

いろいろな表情の月を見るのが楽しい冬の季節。

 

 

月にまつわる絵本を読みながら、楽しい月夜の過ごし方や、今年やってみたいことなどなど、ざっくばらんにお話しませんか。絵本の話をしていたはずなのに、気づくと人生や子育てのことなど、深いテーマまで話が広がっていくのが、この会の面白いところ。

 

月の不思議な力を借りて、今回もわくわくする時間が過ごせそう。

 

後半は、もえぎ家の料理びとHARAMIRAIによるランチタイム。「月」にかこつけて、ツキをあげてくれそうな食材を使った「ツキをあげるランチ」を予定しています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おとなの絵本クラブ × HARAMIRAI

月にまつわる絵本と、
ツキをあげるHARAMIRAIランチの会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

●日時  2/7(火) 10:00〜13:00(※都合により1/24(火)より変更しました)
 10:00-11:30 おとなの絵本クラブ
  自己紹介、絵本の紹介・朗読をしながら、自由に語り合い
 11:30-13:00 HARAMIRAIランチ

●場所
もえぎ家

●参加費
2,000円(お茶・HARAMIRAIランチ付き)

●持ち物
「月」をテーマにした絵本や、お気に入りの絵本があればお持ちください。手ぶらでもOK!

●定員
6名

●お申し込み(前日2/6(月)までお受けします)
下記お申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S66365307/
もしくは
chofumoegiya@gmail.com
まで直接メールにてお申し込みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*おとなの絵本クラブとは…
テーマに沿った絵本を、大人同士で読み合い、語り合う会。詳しくなくても大丈夫。

「絵本が好きで、他の人と絵本の楽しみを共有したい!」
「絵本の選び方が分からない…他の人はどんな絵本を読んでいるの?」
「子どもへの読み聞かせの時間がちょっぴり苦痛…もっと楽しみたい!」
…など、絵本に関心のある方なら、どんな方でも大歓迎です!

▼過去の開催レポート
 #1  「よし、やってみよう!」
 http://otonanoehonclub.hatenablog.com/entry/2016/07/07/102003
 #2 「改めて読みたい思い出の絵本」
 http://otonanoehonclub.hatenablog.com/entry/2016/07/01/100323
 #3 「夏に読みたい絵本」
 http://otonanoehonclub.hatenablog.com/entry/2016/07/20/093024
 #4「あったか〜くなる絵本」
 http://otonanoehonclub.hatenablog.com/entry/2016/12/09/235842


*HARAMIRAIとは…

板前の世界で修行を積み、今は「発酵マイスター」として活躍する料理びと。難しい和食の技ではなく、みんなで手を動かしながら楽しむ料理の世界を教えてくれます。
 http://haramiai.tumblr.com/

何のために、誰のためにはたらくのか

児童文学

「矛盾には気付いてる。本当にやりたいことではない。でもお金も必要だし…」

1人目の出産後、1年ほど経って職場復帰した時の、複雑な心のうち。

当時の私は日々、葛藤していた。可愛い子どもを置いてまでやりたいことなのか? 慌ただしく家を飛び出して保育園に送り出し、帰ってきたら時計に追われながら睡眠の儀式にこぎつけて……。やることといえば、世の中を効率的に、便利にするための仕事。子どもとの生活とは真逆の世界。子どもというものは、大人の足なら5分で着くところまで、好奇心に任せてあっちいったりこっちいったりで、30分はザラな生き物だから。

 

早くしてくれ〜と思いながらも、そののんびり具合さえ心地よかったはずなのに。

日々を慈しむこの感覚を大切にしたい、と思っていたはずなのに。

でも、やっぱり仕事は大事だしさ。

必要としている人もいるわけだしさ。

子どもの将来のためにお金も必要だしさ。

 

そう言い訳をしながら、「本当に今の私に必要な仕事なのだろうか……」という自分の心の中にある矛盾を見ないフリしていた。

 

「はたらく」は「はた(傍)をらく(楽)にする」にするためのもの、なんて考えを聞いたことがある。語源ではないようだが、『みどりのゆび』(モーリス・ドリュオン 作 / 安東次男 訳)を読んでいて、ふとこの考えが頭をよぎった。

f:id:otonanoehonclub:20161214062202j:plain

主人公は、触れたものに花を咲かせることができる不思議な「みどりのゆび」を持ったチトという名前の少年。トゲトゲした雰囲気の刑務所を明るくするには? 貧しい人たちが住む街並みを変えるには? 暗い表情をした入院中の女の子が、明日に希望を持つには? 戦争を止めるには? …あらゆることのために自分の「みどりのゆび」を使う。

彼がみどりのゆびを使う時に「チトは、はたらきました」と表現されるので、「はた(傍)をらく(楽)にする」が頭に浮かび上がってきたのだ。

 

「どうしたらこの人を笑顔にさせられるだろうか?」と考え、自分のできることを一生懸命やろうとするチトの姿に、胸を打たれる。はたらくって、そういうものでありたい。自分が正しいと思うこと、世の中で正しいと思われていることは、時に矛盾する。その矛盾に気づいても、お金のことだったり、周囲の目だったり、あらゆる考えに囚われて、自分が正しいと思う方向に軌道修正することは、難しい。

 

でもみんな、チトのような「みどりのゆび」を持っているはず?

誰にでも、世の中を笑顔にするためにできることがあるはず?

使わずにいるだけだよね?

私が、誰かのためにできることって何なんだろう?

 

フランスのパリに生まれ、第2次世界大戦への出経験がある作者は、この本の中で戦争も大きなテーマにしている。どうしたら戦争を止められるだろう。みんなが持っている「みどりのゆび」を使えば、止められるかもしれない。そんな思いを未来の子ども達に託したくて、この童話を書いたのだろうか。

 

おとうさんはいいひとなのです、そうでしたね。いいひとで、しかも兵器商人なのです。ちょっとかんがえると、むじゅんしているようにみえます。じぶんのこどもをとてもかわいがっているのに、ほかのひとのこどもたちをみなごろしにするために、兵器をこしらえているんですからね。でも、こういうことは、わたしたちがかんがえているよりも、ずっとたくさん、世の中には見うけられることです。

 

そう、世の中には、いや、大人にはたくさんの矛盾がある。

「そうは言ってもさ……」と言い訳したくなった時。

矛盾を乗り越えて行く勇気を失いそうになった時。

何のためにはたらくのか、誰のためにはたらくのか、見失いそうになった時。

そんな時、この本をまた手に取りたい。

 

 

お話の中で、度々出てくるドキッとするようなフレーズも忘れがたい。翻訳者の安東次男さんのあとがきによると、フランスの童話には、お話の筋よりもきめの細かさ、詩的な雰囲気や言葉の面白さを大切にする特徴があるという。

花ってさいなんがおこるのをふせぐんだよ

おとなのなみだはからだのなかで凍っていて、そのため心までがつめたくなっているんだ 

さり気ないチトの言葉が、ぐさぐさと心に刺さる。大切にしたい、ピュアな心。

 

 

以前に『モモ』(ミヒャエル・エンデ 作 / 大島かおり 訳)を読んだ時にも、大人の矛盾とか言い訳について考えた。その時に感じたことを、天狼院書店という書店のメディアに掲載されたので、こちらも読んでみていただけたら嬉しいです。

忙しい子ども達の近くにいる、忙しい大人達へ - 天狼院書店

 

大切なことに気づかせてくれる児童書。子どもの時には親しんだことがなかったけれど、大人になった今だからこそ、しみじみと味わっています。 子ども向けだからと言って手を抜かず、むしろ子ども向けだからこそ、真摯に描かれているのは、絵本と同じなのかな。

癖になる、へんてこがえる

絵本作家のこと

先日行ったちひろ美術館で同時開催されていた赤羽末吉・中国とモンゴルの大地の原画展。この日、原画の力強さや雄大さよりも印象に残ってしまった、「おへそがえる・ごん」という赤羽末吉さんの絵本。

f:id:otonanoehonclub:20161213092720j:plain

おへそのぼたんをおすと、口からぱくぱくぱくと雲をはくカエルが主人公。3巻のシリーズもので、巻が進むごとに悪者退治の要素も入ってくるのだけれど、登場人物みんなちょっとへんてこ。漫画を1コマずつめくっていくようなページの使い方も面白く、パラパラめくるのが楽しい。早速、図書館で借りてくると、そのストーリー展開に子ども達もすっかり虜に。漫画好きな息子には特にヒットだったよう。

1986年に発行された絵本だけれど、初版の福音館書店出版のものは残念ながら絶版。小学館から新版が出ているけれど、3冊が1冊にまとまり、1ページ中に数ページがコマ割りされているような形式。1ページずつめくっていくのが楽しいのになぁ。というわけで、買うのは足踏みしてしまっている…。

 

赤羽さんといえば、力強い絵のイメージのほうが強い。原画展でも展示されていた「ほしになったりゅうのきば」は、息子が4,5歳の頃に大好きだった作品。

f:id:otonanoehonclub:20161213163846j:plain

絵のパワーはやっぱりすごいけれど、海外の民話って、どこか理解が難しいところがあって、いまいちしっくり来ないのは日本人だからなのか? 民話ではないけれど、やっぱり「おへそがえる・ごん」のような日本的なお話が好きだなぁ。

 

あぁ、へんてこがえる、やっぱり手元に置いておきたい。何度読んでも癖になる感じ、謎めいてるけれどなんだか可愛い感じは、鳥獣戯画みたい。手に入らないとなると、ますます欲しい。復刊求む〜!

 

ちなみに、赤羽さんの絵は、その力強さから、大きな紙に広々と描かれているのを勝手に想像していたら…実際の原画はサイズも小さく、すごく繊細に描かれていたことにびっくり。2017年1月15日(日)までちひろ美術館で原画展を開催中なので、気になる方は足を運んでみてください。   

 

心で、五感で感じる 〜#4あったか〜くなる絵本〜

開催レポート 冬の絵本

あったか〜い気持ちになるのは、どんな時ですか?

 美味しそうなご飯の匂いが漂ってきた時。
 懐かしい風景を目にしたり、思い出に浸ったりしている時。
 子どもや動物の微笑ましい姿を見た時。
 美しいものを見た時。
 あったか〜いお布団に包まれている時…。

そんなふうに、頭ではなく心で、五感でしっかり感じている時。
人は、あったか〜い気持ちになるのかもしれない。

「あったか〜くなる」をテーマに集まった絵本の世界に浸りながら、そんなことを感じた第四回目の「おとなの絵本クラブ」。クリエイティブなお仕事をされている参加者の方が多かったせいか、今回は読み合ってお話について語るというよりは、絵の世界をじっくり堪能する会に。

f:id:otonanoehonclub:20161209233458j:plain

▲今回集まった「あったか〜くなる」絵本たち

f:id:otonanoehonclub:20161209233643j:plain

▲「てぶくろ」は、主催の私も含め3人が持参!小さな手袋に何匹もの動物がどんどん入っていくという、現実ではありえない出来事が…。それでも違和感なく惹きつけられるのは、ほんわかでもない、むしろグロテスクなほどにリアルな動物の絵のせい?

f:id:otonanoehonclub:20161209234101j:plain

▲皆さん写真撮影に余念がなくなるほど、美しいイラストの絵本が集まりました

 

絵本の世界を堪能したあとは、お待ちかねのHARAMIRAIによる特製ランチ。火鉢で焼いたお餅を投入したお雑煮と、美味しい副菜でお腹からポカポカに。(この日のHARAMIRAIランチのメニューは、もえぎ家のブログで公開しています) 

f:id:otonanoehonclub:20161209234435j:plain

f:id:otonanoehonclub:20161209234509j:plain

 

皆さん心も体もあったまって、帰る頃には頰もほんのりピンク色。もえぎ家の懐かしい雰囲気もすっかり堪能してくださった方々、ありがとうございました!

 

「おとなの絵本クラブ#4 〜あったか〜くなる絵本」で読んだ絵本

 

次回の「おとなの絵本クラブ」は1/24(火)10:00〜13:00@もえぎ家

次回も、絵本の世界を堪能した後にHARAMIRAIランチがいただけるコラボ企画!テーマはまだ検討中。決まり次第またお知らせします。

おおきな人たちから、ちいさな人たちへ

家族・きょうだい

f:id:otonanoehonclub:20161207105118j:plain

生まれた時、片手で抱っこできるくらい小さかった息子の頭は、もう母の胸の下。毎日見ているのに「いつの間にこんなに大きくなったの〜?」と言っては、抱きしめてしまう。その変化を確かめるように。いつまでこうやってギュッとさせてくれるんだろう? 憎らしい口をきかれてイラッとする時もあるけれど、いくつになってもやっぱり愛おしい。

できることも増えて、精神的にも成長したなぁと思うこともたくさんある。それでもやっぱり、まだまだ子ども。5歳年下の娘に嫉妬もする。妹なんか差し置いて、とーさんかーさんに甘えたい時もある。

 

ちいさいって、ずるい。

ちいさいって、それだけで文句なしにかわいいから。

兄もそう思って、妹にヤキモチを焼くんだろう。

 

ちいさいって、かわいい。

でも、おおきくなっても、やっぱりかわいいよ。

これからも、きっとずっと。

 

「ちびゴリラのちびちび」には、ちいさな人の周りにいるおおきな人たちの愛情がいっぱい詰まっている。何度読んでも、ため息が出るほどあたたかい気持ちに包まれる絵本。作者のルース・ボーンスタインさんは、ゴリラが本当に好きなんだろうなぁというのが伝わってくるような、愛情たっぷりの絵も大好き。

 

ずいぶん前に娘と図書館で借りて以来、いつか買おうと思っていたのだ。かわいかったちいさな人が、おおきくなった姿に切なくなった時、いつでも手に取れるように。8歳を迎えた息子の誕生日に、本屋さんで娘が欲しがり、ついに購入。久しぶりに読んだら、お誕生日の本だったんだね。忘れていたから、その偶然にちょっとびっくり。

 

そして誕生日当日は奇しくも、亡くなった祖母の葬儀。悲しい別れだったけれど、祖母と祖父から父へ、父と母から私へ、私と夫から子どもたちへ、命が繋がっていることを深く感じる日に。おおきな人たちから繋がれてきた命、私も大事に繋いでいこう。

  

『ちびゴリラのちびちび』(ルース・ボーンスタイン 作・絵 / 岩田みみ 訳 ほるぷ出版

 

 

次回の「おとなの絵本クラブ」は12/8(木) 10:00〜

テーマは「あったか〜くなる」絵本。心温まる絵本とあったか〜いランチもご用意してお待ちしています。古民家の火鉢でお餅を焼いてお雑煮を作る、その雰囲気も楽しみましょ♪

詳細・お申し込みはこちらから。

おにぎり修行

食べもの

おにぎりを作るのって、なんて難しいんだろう!

たかがおにぎり、されどおにぎり。簡単なようで難しい。

お米の炊き加減、塩加減、にぎり加減、具のバランス、海苔の巻き加減……

どれを外してもダメ。

 「なんか味がうすーい」
 「今日、味こくない?」
 「なかなか具にたどりつかないよー」
 「海苔が剥がれちゃうー」
 「崩れちゃうー」

子ども達からこんな声が挙がると、まだまだ修行が足りんと思う。

同じように作ったつもりなのになぁ。

 

彼らの胃袋をつかむための黄金比を早くつかみたくて、修行を続ける。
美味しさの黄金比の確信を持って、キュキュキュッとにぎれる母になりたい。

子ども達がお腹が空いた時に食べたがるのはやっぱり「おにぎり!」だから。

f:id:otonanoehonclub:20161203055153j:plain

ガブリッ!

おにぎりにかぶりつき、ほおばる子どもの顔が大好きだから。

 

おにぎりを持って外に遊びに出かけるのも好き。

寒い時期はすぐに固くなっちゃうのが難点。
でも最近、もち米が混ざっていたら冷めても美味しいということを発見!

さ、今日もご飯が炊けた。お出かけの準備だ!

 

写真は、福音館書店の「絵本とくらす12ヶ月」リーフレットについていた、絵本かるたの中のひとつ。『おにぎり』(平山英三  作 / 平山和子 絵)の1枚が描かれてる。本当に美味しそうに食べ物が描かれていて、読んでいると子ども達が絵本に手を伸ばす手が止まらない。平山和子さんは「子どもが見るのに、本物に近くなくてはだめ」との思いで、どの絵本も1冊を書くのに2年くらいかけられているとか! 

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

 

このリーフレットについていたかるたには、福音館書店の大好きな絵本がいっぱい。かるたが好きな息子も、お気に入り。かるたで遊んでいたはずなのに「あ、この絵本なんだろう? 今度読んでみよう〜」と気になってしまうから、福音館さんずるい……笑。このリーフレットは大型書店にはだいたい置いてあるようだかけれど、この存在に気づいたのが最近。6種類あったらしいけれど、2種類しか手元にないのが悔しい〜。